フォト
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 謹賀新年 | トップページ | 短歌と俳句について・・・ »

2014年1月13日 (月)

一喜一憂・・

 

  


 

越えなければならない壁がある。
創作の過程で、あるいはその前後に起る精神的な現象がそれである。

今日は朝から肩から背中にかけてとてもだるく重い。
納得の出来るものを書いたり、詠んだりしている時には決して起りえない現象に
行き詰っている自分がそこに存在している。

先にあるのは「死」の一文字。現実に死に直面していないものの甘えであろう。

今はモーツアルトを聴きながら次第に心が解れつつあるようだ。

捜査に行き詰った時、ダルグリッシュ警視はおそらくは、冷静に反復されたのではあるまいか。
もう一度はじめから・・・と。

越えなければならない壁
私に課せられた壁の一つ一つを取っ払おう。

Photo


« 謹賀新年 | トップページ | 短歌と俳句について・・・ »

「②.アダム・ダリグリッシュ警視の足跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1440523/54592606

この記事へのトラックバック一覧です: 一喜一憂・・:

« 謹賀新年 | トップページ | 短歌と俳句について・・・ »

カテゴリー

  • ①「サロンに集いて」
    こんな日もあり
  • ②.アダム・ダリグリッシュ警視の足跡
    ・・・如何?
  • ③.フィリス・ドロシー・ジェイムズのステップ
    (Phyllis Dorothy James)作家
  • ④.ミス・マープルの足跡
    (ジェーン・マープルMiss Jane Marple)・・・寄りかかって

ウェブページ

最近のトラックバック